女性が利用しやすいキャッシング

最近では女性の社会進出が進み、大学を卒業したあと、一般企業に就職するという道を進む人も増えてきています。

男性と同じく社会に出て仕事をするので、付き合いなどでの出費などもかさむという人も出てくるでしょう。 急な付き合いのお金が必要、でも自分には十分なお金が手元に残っていないという人もいるはずです。 その場合には、お金を借りることも検討すべきではないでしょうか?

初めてお金を借りる申込みを金融機関でする時には、緊張しますし勝手がわからないと戸惑いも生まれるかもしれません。 特に店舗で申し込みをする時に応対した人が男性だと、それだけで女性の中には緊張してしまう人もいるはずです。 女性のお金を借りる利用者も増えているので、キャッシング会社の中には女性が利用しやすく工夫を凝らしているケースも多いです。

沢山のお金

お金を借りる際にはレディースキャッシングを活用

大手のキャッシング会社を中心として、レディースキャッシングなどの女性専用のお金を借りるサービスを開設している所も出てきています。 レディースキャッシングの特徴は、スタッフが女性で構成されている所です。

店舗でお金を借りる申込み時に対応する人やインターネットなどを使って自分で申込み手続きをしていてわからない時、問い合わせの電話をして応対するスタッフのいずれも、女性なわけです。 お金を借りる際にスタッフが男性だと緊張してしまってうまく話せない、警戒してしまうという女性でも、同性が応対してくれれば、気軽にいろいろと質問できるという人も多いはずです。 お金を借りるならレディースキャッシングに対応している所を検討してみてはいかがでしょうか。

レディースキャッシングの中には、いろいろなキャンペーンを実施している所もあります。 たとえば、一定期間内の借入であれば、お金を借りても無利息になるというサービスを実施しているレディースキャッシングもあります。 無利息期間の中で返済を済ませることができれば、元本の返済だけで一切利息の支払いをする必要がなくなります。 お金を借りる場合の返済負担を最小限にできるので、無利息キャンペーンを行っているレディースキャッシングを積極的に探してみましょう。

ただし、無利息キャンペーンの中には、無利息になるためにいくつか条件を付けているキャッシング会社もありますのでお金を借りる際は注意する必要があります。 例えば、キャンペーン期間中に新規でお金を借りる申し込みをした人に限られる場合や、初回申し込みの時だけしか無利息にならないなどの条件を付けていることが多いです。 また、無利息期間が終了すれば、それ以降は金利がかかります。 その金利が高くないかどうかもチェックした上で、お金を借りる申込みをすることが必要です。

銀行でお金を借りる

最近、銀行でお金を借りるためのキャッシング広告を目にするようになりました。

数年前の夏に総量規制という消費者金融の貸し出しを制限する法律が施行されたことに伴い、専業主婦へのお金の貸し出しがかなり手間をかけないとできないようになりました。 その結果、ほとんどの消費者金融が、実質的に専業主婦への貸し出しを行っていないのが実情です。

その代りというわけで、今、銀行からお金を借りることができる銀行系キャッシングが注目をされているようです。 銀行の場合は、きちんと配偶者に安定した所得があれば、専業主婦の方でもお金を借りることができます。

本当はお金は借りない様にするのが金利が付かなくて一番良いのですが、やむ負えない場合はキャッシングで銀行からお金を借りるのが良いでしょう。 数年前までは銀行の審査は厳しくて、お金を借りるという申し出をしてもその日の内には借りれませんでした。

ですが、最近では即日融資をしてくれる銀行が増えてきたので、急ぎの場合は即日融資に対応した銀行でお金を借りると良いです。

自信があったのに審査落ちでショック!

大学を卒業して新卒で入社し3ヶ月が経ったところです。 まとまった現金が必要になったので、お金を借りることにしました。 まだ入社したばかりなのでボーナスが支給されるのは、まだまだ先の話です。 お金を借りるために金利の低い銀行のカードローンを選択しました。

お金を借りる申込自体はネットからでとても簡単でした。 仕事終わってから自宅に帰ってPCからカードローンに申込み、翌日の審査結果を待つだけです。 平日に仕事終わってからのネットでの申込なので時間に余裕がありました。 自分は上場企業に入社しているしお金を借りるための審査も余裕だなと思っていました。 でもなぜか翌日に届いたのは、審査に通らなかった旨の連絡でした。

当然お金を借りることができると思っていたので、ショックでした。 納得いかなかったのでカスタマーセンターへ問い合わせてみたんですが、理由は教えてもらえません。 特に借金はないし、信用情報を調べても何も出てこないので謎です。

でもよくよく考えてみると、勤務年数が足りないのが問題だったのかもしれません。 いくら正社員で入社していたとしてもまだ3ヶ月、いつ辞めるか分らない状態ですよね。 調べてみると勤務年数が短いと、お金を借りる際の審査で不利になるようです。

でもほんの少しでもお金が必要だったので、金利はちょっと高くなるけど消費者金融からお金を借りることにしました。 希望額も10万円と少ない金額でしたが、今度は問題無く審査通過しましたよ。 今は少しずつ返済していますがあと3ヶ月でボーナスも支給されるし、その時に一括返済しようと思っています。 [追記]

やりたいことを見つける方が…

お金を節約して蓄えることも大切だけど、できればお金を借りることがない様に積極的に儲けてあちこちに使いたい。

そのためにはやりたいことを早く見つけて、それに対して猛進する事だ。 その方が近道だと私は信じる。

お金はいろんなことを教えてくれる。 節約だって厳しいし、稼ぐことも厳しい。 儲けていそうな人だって、実際には支払いも多くて、全然お金を持ってなかったり、借りることを考えていたりする。 表面を見たってわからないのだ。

だから、他人と自分をあまり比べたりしない方がいい。 自分の身の丈にあったことを、ただがむしゃらに頑張っていれば、それなりに苦しいけど生活は出来る時代だ。

シェアしたり、低価格のジェネリック薬品を買ったりするだけでも違う。 私の母が以前骨折したとき、入院代やタクシー代、薬代など急にあちこちにかかったけど、ジェネリック薬品対応してくれて、8000円のところが、2900円で済むとか、いいろ毎回違った。 お金を借りることも考えていたので、メチャクチャ助かった。

そんなにたくさん出費しなく済んだから、あのときほど有り難いと感じたことはない。 お小遣いの範囲で、親の入院とか、骨のつながるまでの治療とか、治ってからの通院の交通の行き帰りが困らず出来るなんて、ほんとに信じられなかった…。

お金がかからないように、みんなで頑張っているからだ。 前だったら、もっともっとすごくお金がかかってた。 出費が少ないととても嬉しい。

親に必要になってくる介護の諸々のお金とか、今はそういう将来のことの心配から、財布の紐を堅く締める人が増えただけで、買いたい、あれもこれも欲しい、という、普通の気持ちは今でもみんな、普通にあると思う。 何もそんなに変わった訳じゃない。 私をお金を借りたりせずに、節約して金銭的に困ることが無い人生を送りたいと思っています。 [追記]

子供の教育費のために借金

お金を借りることになったのは、子供の教育費のためでした。

子供は二人、双子なので何もかもイベントが重なり大変です。 でも最初から分かっていたことなので、中学になるまではちゃんと計画を立てて貯金もして、やりくりできていました。

ところが子供が高校入学前に夫が体調を崩し、長期休養をしました。 そのため医療費もかかり、収入も減りました。

生活自体は節約しつつなんとかやっていけてたのですが、子供の入学準備費用を工面するのが大変でした。 授業料や入学金がかかるのではなく、制服など色々と準備しなくてはいけないものが多すぎるのです。

1人辺りおよそ15万円、掛ける2で30万円が必要でした。 夫に相談しようと思ったんですが、病気療養中のため言いづらく、内緒でお金を借りることにしました。

銀行のカードローンなら私でも申し込めて、30万円まではお金を借りることができました。 これでギリギリ、子供の高校準備費用を工面することができました。

両親や親戚からもお祝金をもらえたので、その中からいくらかは返済にまわせています。 春からは夫も仕事に復帰し、家計も徐々に通常に戻ると思います。

でも、これからまたお金を借りる場面が出てきそうな気もするので、私もフルタイムの仕事をすることを決めました。 大学進学になると全額自己資金準備は無理なので、子供にも奨学金を借りることになるはずだから覚悟するようにと伝えています。

できるだけ夫の給料だけで生活をし、私の給料はすべて貯金と借りたお金の返済に充てていきたいです。 [追記]

お金借りる急ぎ
急ぎでお金を借りる必要がある場合は、銀行ではなくキャッシング会社を利用しましょう。 その方が審査が早く終わります。 即日融資サービスを行っている貸金業者であれば、急ぎでお金を借りるというニーズを満たしてくれます。

武蔵野銀行
がんばる女性を武蔵野銀行では応援しています。 女性向けのフリーローンや会員サービスのサイトです。